内臓の周辺の脂肪|劇的な痩身効果を実感|置き換えダイエットで自分の理想の姿へ
レディー

劇的な痩身効果を実感|置き換えダイエットで自分の理想の姿へ

内臓の周辺の脂肪

ウーマン

体には、多くの脂肪がついていますが、それは体が脂肪をエネルギーとしているからです。エネルギーがなければ動かすことができないため、そのため全身の機能のために、脂肪がついているわけです。そして、その中でも特に多くのエネルギーを使うのは内臓です。内臓は、呼吸や血液の循環、食べ物の消化といった、生きていくために必要となる様々な働きをしています。その分エネルギーが多く必要となるので、体はそのために、内臓の周辺に脂肪をため込もうとします。これが内臓脂肪なのですが、これが増えすぎると生活習慣病のリスクが高くなります。したがって余分な内臓脂肪を落とすことは、健康体の維持のためには大切なことと言えます。そのため多くの人が、内臓脂肪を適度に落とすために、DHAやEPAといった健康食品を利用しています。

なぜDHAやEPAによって内臓脂肪を落とすことができるのかというと、これらに血液中の脂肪を減らす力があるからです。食べ物から吸収された脂肪は、血液に乗って体中を流れながら、随所に蓄積されていきます。その過程で内臓の周辺にも蓄えられるのですが、DHAやEPAによってそれが少なくなれば、蓄積される量も減るのです。内臓脂肪は、内臓の働きのために常に消費されています。そのため蓄積される量が少なくなれば、消費によって総量が減っていくことになるのです。さらにDHAやEPAには、血管内にこびりついた脂肪をも落とす力があります。このこともまた、生活習慣病の予防につながります。もちろん体から脂肪が減ることでダイエット効果も出てくるので、これらは美容のためにも活用されています。